ピューレパール効果なし?効果のある使い方を紹介します

ピューレパールが効果なしって噂は信じちゃダメ!

 

ピューレパール効果なしという噂の背景には、正しくピューレパールが使えていない人の存在があります。もちろん正しく使ったからといって100%黒ずみが解消するとは限らないですが(※例外については後述)、9割近くの人が効果があったと認めている商品であることは間違いないので、問題はその使い方にあるわけです。

 

ではそのピューレパールで効果が出ない原因となっている使い方の問題点とは何でしょうか?

 

ピューレパールが効果なしと言われる理由1

ピューレパールを効果なしと言っている人のかなりの割合で、ピューレパールを使った期間が短すぎるという問題があります。中にはモニターという名目で1か月間だけピューレパールを使って、その使用感を確かめるということをやっていた人がいるのですが、正直なところ、たった1ヵ月では十分な効果が実感できないということがほとんです。

 

もちろん1、2週間くらいで薄っすら効果が出てくることはあるのですが、その差が微妙すぎて、全然効果がないように見えてしまうんですね。基本的にピューレパールは2〜3ヵ月程度、ゆっくりと塗りこんでいきながら黒ずみを徐々に目立たなくさせていくという商品です。ですから、効果を早くに実感したいと急ぐとダメなんです。同じ理由で塗りこみ過ぎもダメです。さっさと効果を出したいと思って、適量よりも多く毎日使うというのも効果を早めることにはなりませんし、塗りすぎは反対に逆効果にもなりかねません。

 

つまり、ピューレパールで効果なしと感じている人の多くは、効果を早く期待しすぎてるんですよね。ピューレパールは美白の成分と黒ずみの原因であるメラニンを元から分解してくれる成分を含んでいるので、使い続ければ効果を実感できるはずです。ただ当然ですが、目に見える効果が出てくるまでは個人差があるので、あきらめずケアし続けることが大事です。

 

もし本当に効果がないし、肌にもあわないということがあっても返金保証もついていますから安心ですね。

 

 

ピューレパールが効果なしと言われる理由2

ピューレパールが効果なしと言われる理由の2つ目は、黒ずみ以外の問題を解決しようとしているからです。ピューレパールは脇やその他カラダの多くの部分において黒ずみケアができるクリームです。ただ、肌が痛んでメラニンが増えたことにより生じた黒ずみじゃない、「黒く見える」部分には効果がありません。よく勘違いされるのが、脇の黒ずみだと思っていたら、自己処理後の「埋没毛」だったというケース。つまりムダ毛の残りが黒く見えているという状態ですね。

 

この状態であれば、ピューレパールを用いていくら黒ずみケアをしたところで、そこに埋もれている毛そのものが黒く見えているので、効果を実感できるはずもありません。

 

自宅で毛抜きやカミソリを使った自己処理をしている場合はどうしてもこうなってしまいがち。根本的な解決方法としては脱毛サロンで永久脱毛をするか、家庭用脱毛器などで、丁寧に処理するしかないですね。そうやってサロンに通ったり、フラッシュ脱毛器を使ったりした後にピューレパールでケアできると、その後の黒ずみができにくくなります。

 

ですから、黒ずみではない埋没毛を黒ずみだと勘違いしてしまうと、ピューレパールを使っても効果がないと感じてしまうことになるわけですね。

 

 

ピューレパールの効果が実感できない理由まとめ

 

いかがだったでしょうか?ピューレパールが効果なしと感じる人は、

 

早く効果を期待しすぎる!
埋没毛を黒ずみだと勘違いしている!

 

という可能性があるわけです。じっくり時間をかけて、また脱毛後の処理をしっかりとした上でピューレパールを用いれば、きっと効果が実感できるはずです。もし万が一合わない場合も返金保証がありますので、まずは試してみるのがいいでしょう。

 

正しく使えば効果抜群のピューレパール。ぜひ、試してみてください!